令和3年度から「生命(いのち)の安全教育」が実施されることになり、変わりつつある日本の性教育。國際セクシュアリティ教育ガイダンスでは、5歳から性教育を始めるよう推奨されているけれど、世界各國ではどのような性教育がされているのでしょうか?

自令和三年(2021年)起日本開始實施“生命安全教育”之後,性教育逐漸發生變化。國際性教育指導方針建議各國從兒童5歲開始性教育,那各國究竟施行的如何呢?

今回は、世界水準の避妊法や性教育を広める「なんでないのプロジェクト」代表の福田和子さんに、日本と世界各國の性教育事情について聞いてみました。

“為何沒有企劃”旨在推廣世界水平的避孕法和性教育。本文就對其代表人物福田和子討教了關於日本和世界各國的性教育情況。

スウェーデンの大學院で公眾衞生を専攻。留學をきっかけに日本の性を取り巻く環境に違和感を覚え、世界水準の避妊法や性教育を目指す「なんでないのプロジェクト」をスタート。避妊や性教育に関する講演や執筆、また緊急避妊薬へのアクセスを良くするための署名などをオンラインで主宰。

福田和子在瑞士專攻公共衞生研究生。留學讓她意識到了日本性環境的違和感,由此開始了旨在推廣世界水平避孕法和性教育的“為何沒有企劃”。除了舉辦避孕、性教育的相關演講,出版相關作品之外,還在線上籌辦緊急避孕藥便民署名等各項活動。

日本の性教育事情

日本的性教育現狀

日本は基本的に「性教育」という授業があるわけではなく、色々な教科に分かれて行われているよう。

基本上,日本是沒有“性教育”課程的,這類內容大多分散到了各科教課內容當中。

「日本では、保健で性について教えられることが多いです。思春期の體の変化や受精について、そして性感染症の防ぎ方などを學ぶのがメインになっています」

“日本的多數保健課中會講到性。主要學習青春期身體變化、受精、性傳染病防治等內容”。

また思春期については「異性への関心が芽生えるとき」と解説されていたりと、同性愛者の方への記述が欠けているのが現狀。さらに文部科學省からは、中學生であれば妊娠に至る過程は扱わない、高校生の場合は「必要であれば言及する程度」に留められているとのこと。

另外,日本教科書中對青春期的解釋為“對異性產生興趣的時期”,欠缺了對同性戀人羣的論述。而文部科學省更是規定學校不對初中生講解懷孕的整個過程,對高中生也停留在“若有必要再進行説明”的程度。

そして教科書を見てみるとコンドームは、性感染症を予防するものとしての記述はあるけれど、避妊については中學生で學ぶことがなく、高校生になっても性的同意についてを教えるまでに至っていないよう。

翻看教科書,書中雖然寫明避孕套可以預防性傳染病,但中學生教科書上並未寫明其避孕的作用,也沒有對高中生進行“性同意”的教育。

変わりつつある日本の性教育

不斷變化的日本性教育

けれど最近では、令和3年度から「生命(いのち)の安全教育」が実施されることに。性暴力の被害者にも加害者にもならないという視點で、新しく國が進めようとしているもので、性的同意についてなどにも觸れられており、これまでの教育と比べるとかなり踏み行った內容になっているよう。

不過,自令和三年(2021年)起,日本開始實施“生命安全教育”,為推動國家發展進步,引導孩子不要成為性暴力的被害者和加害者,進行了“性同意”的教育,這和以往的教育相比深刻了許多。

「『性教育』という言葉を使うと、まだまだタブー視される可能性もあることから、このような名前になったんだと思います。文部科學省から教材が出ていて、幼児期の子どもたちが學べるようなものもあります」

“如果使用‘性教育’的話可能會被視為禁忌,因此改用了這個名字。文部科學省出版了相應的教材,也有幼兒小朋友可以學習的內容”。

「プライベートパーツ(水着で隠れるところ)は、勝手に觸らせたり見せたりしない」、そういった大切なことが學べるようになっているよう。

其中也會讓孩子學習到“私密部位(泳衣遮擋的地方)不能隨意讓別人觸碰和看到”。

他國の性教育事情

其他國家的性教育現狀

中國

中國であれば、幼児期から性について學べる教材があり、自分の體のこと・生殖のこと・セクシュアリティと行動など、かなり幅広く學べるようなものが存在しているとのこと。

中國自幼兒開始就有相關教材以供學習,而且教材內容十分廣泛,有認知自己的身體、生殖、性意識和行為等。

「中國全土で実施されているわけではないですが、小學生になると6年間で72時間、1カ月に一回ぐらいのペースで性に関する授業が組まれているところもあります」。

“雖然沒有在中國全國普及,但大多數地區在孩子小學6年當中會進行每個月72小時的基礎性知識教育”。

泰國

ユニセフとタイの教育省が発行している「包括的性教育」の報告書(中學生以上が対象)を見ると、2016年には「年齢にあった性教育が義務である」と追加されており、國も性教育に注力しているんだとか。

從聯合國國際兒童基金會(UNICEF)和泰國教育省發佈的“整體性教育”報告書(以中學生以上為教育對象)可以看到,泰國致力於國家性教育,2016年起,增加了“接受該年齡相應性教育的義務”一條。

「タイも保守的な考え方が少なくなく、この報告書でも、そこまでの教育をするのにはハードルが高いと書かれています」

“泰國的不少思想都比較保守。這份報告書中也稱,進行這種程度的教育難度很高”。

瑞士

「國際セクシュアリティ教育ガイダンスで性教育は5歳から始まるけれど、ヨーロッパにおける性教育のスタンダードとしては、『0歳から』と書かれています」と福田さん。

福田稱:“國際性教育指導方針建議各國從兒童5歲開始性教育,而歐洲的性教育水準則為‘零歲開始’。”

また生殖についてのことだけでなく、ジェンダーアイデンティティに関わることだったり、包括的な性教育が義務教育という風に変わってきているとのこと。

歐洲的教育不僅是生殖方面,瑞士的全面性教育作為義務教育,還包括了性別同一性等內容。

「幼児期から性にまつわる教育をしているところもあるようです。プライベートゾーンの話だったり、性別に限らず『好きな色を選んでいいし、好きなことをしていいんだよ』など、ジェンダー観を打ち破るような教育もされています。ですが、やはり個人差はあるようです」

“歐洲從幼兒時代就開始了性方面的教育。還有打破傳統性別觀念的教育,比如私密部位教育,無論男女‘都可以選擇喜歡的顏色、做喜歡的事情’的教育等等。不過在結果上也有個人差異”。

さらにスウェーデンでは、教員資格を取るための教職課程で必ず「性に関する學び」が必須になってきているんだとか。

在瑞士,考取教師資格的相關課程中甚至還有“性知識相關學習”的內容。

荷蘭

「ルトガーズ」という、性教育を牽引している団體が國內に存在しているオランダ。「こういった機関が存在することは、とても大事なことだと思います」と福田さん。

荷蘭國內有一個名為“羅格斯”的團體引領着國內的性教育。對此福田稱:“這種機構是很重要的”。

また「スプリングフィーバーウィーク」と名付けられた週があり、オランダ全土で4歳から包括的性教育が行われ、8歳でセルフイメージとジェンダーステレオタイプ、11歳で性的指向や避妊の選択肢について學ぶんだとか。

此外,荷蘭還有Spring Fever”周,這期間,荷蘭會對全國4歲以上兒童進行性教育、8歲孩子會開始學習自我形象和性別刻板印象、11歲開始學習性取向和避孕措施。

——今後どのような性教育が広がっていってほしいですか?

——今後希望日本能夠推廣怎樣的性教育呢?

性について何も知らないと自分を守ることができないですし、親の立場であれば子どもとずっと一緒にいられるわけでもないので、守ってあげることが難しい。だから子どもが一人になったときに、被害になるべく合わないように、そしてもし被害に遭ったとしても「辛い」とちゃんと口にできるよう、親が安心感を與えることができると、子どもたちも生きやすくなるのかなと思います。

如果對性一無所知,就無法保護自己的安全,從父母的角度來説,他們也不可能陪伴和保護孩子一輩子。所以希望通過性教育,孩子一個人的時候也不會遇到危險,即使遭到上海也能説出自己“很難過”,能夠讓父母覺得放心、讓孩子生活更好。

被害に遭ってしまったり、困ったことがあったときに、「誰にも言えない」という狀況が一番苦しいと思います。たとえば妊娠に関していうと、親にも言えずどうしたらいいかわからない。そうしていたら、人工妊娠中絶をできる時期も過ぎていたなど。こういったことにも繋がってくると思います。

在孩子遭到傷害、感到困擾時,“無人可説”是最痛苦的。比如説懷孕時,不敢和父母説,一個人不知所措,一不小心錯過了可以人工終止妊娠的時間,性教育也應該包含這些內容。

「性教育」というとハードルが高いと感じてしまうけれど、根本としては“その子の気持ちと體が守られるように”というのがメインなのです。でももちろん家庭だけでなく、周りの環境も良くならなくてはいけないと思います。

之所以覺得“性教育”的難度很高,根本原因就在於“要關注孩子情緒、守護孩子身體健康”上。這一點不僅需要家庭的守護,還需要周邊環境的改善。

「生命(いのち)の安全教育」が実施されることで、日本の性教育も進んできていると感じます。けれど性暴力についてだけではなく、ジェンダーに関わることだったりともっと包括性を持っていってほしいです。性的な関心を持つことは、すごく自然なこと。まずはそういう気持ちとどう向き合って、何が大切なのかを學べる環境がもっと整うようになればいいと思います。

隨着“生命安全教育”的實施,日本的性教育也會得到穩步推進。但我希望“性教育”不要僅僅停留在性暴力上,全面的性教育應該將性別觀念包含在內。對“性”產生興趣和意識是一件再正常不過的事情。希望我們首先能夠正確面對這一觀念、找到重點,完善學習環境。

本內容為滬江日語原創翻譯,嚴禁轉載。

相關閲讀推薦:

“半別居婚”在日本成為話題:壇蜜引領日本新風尚?!

日本應對少子化政策第一步:“讓男性迴歸家庭”