中國・上海の現代アート専門の美術館が、ある男性アーティストの映像作品を展示したことで厳しい批判にさらされている。撮影された女性たちを「美しさ」の順にランク付けする作品だったからだ。

中國上海某現代藝術美術館中展出的某位男性藝術家作品遭到了尖鋭地批判。原因是他將自己拍攝的女性以“長相”為依據進行了排名。

問題となったのは宋拓(ソン・ター)の作品「校花」で、「Uglier and Uglier(もっと醜く)」という英語タイトルが付いている。2013年にとある大學の構內で通りがかった女子學生たちを撮影し、宋の目から見て美しい順に並べて7時間の動畫に編集したものだ。

遭到批判的是宋拓的作品《校花》,該作品英文名為《Uglier and Uglier(越來越醜)》。宋拓在2013年某大學對校內女學生進行拍攝,並以他自己的審美排名剪輯成7個小時的視頻。

この作品が、中國でもっとも権威のある美術館の1つである現代美術ターミナル(OCAT)上海館で展示された。

該作品在中國最具權威的美術館之一,當代藝術中心(OCAT)上海館展出。

宋は作品についてこう解説していた。「もしキャンパスの女王を見たいなら、できるだけ早い時間に美術館にきたほうがいい。時間が遅くなると、生き地獄と化す」

關於該作,宋拓是這樣説明的:“如果想看校園女神的話,還是起早去美術館比較好。要是晚了的話就會變成人間地獄”。

だがOCAT上海館がこの展示の宣伝を大手ソーシャルメディアの微信(ウェイシン)に投稿したところ、世間から寄せられた反応は厳しいものだった。投稿は削除したものの炎上は止められなかったと、香港の英字紙サウスチャイナ・モーニングポストは言う。

但是,當OCAT上海館將該作投稿至微信上作為宣傳後,收到了社會的強烈反對。香港英文報紙“南華早報”稱,之後即使刪除了微信中的內容也無法控制高漲的社會評論。

美醜による分類やランク付けへの異常なこだわり

靠美醜分類排名的變態愛好

ソーシャルメディアでは展示を批判するコメントが相次いだ。「この美術作品は侮辱的なだけでなく、個人の肖像権を侵害している。女性たちは自分が撮影されているとは知る由もなかった」という人もいれば、宋は芸術家どころか人間と呼ぶにも値しないと斷じる人もいた。この現代社會において「どうやったら平気な顔で恥ずかしげもなく女性をモノ扱いできるんだ?」というコメントもあった。

網絡媒體中對該作的批判紛至沓來。有評論稱“這樣的美術作品不僅是侮辱性的,而且侵犯了個人肖像權。這些女性甚至不知道自己被偷拍了”,還有人批判宋拓不僅稱不上藝術家甚至稱不上是人。批判其在現代社會中“怎麼能如此恬不知恥地物化女性”。

OCAT上海館は18日に謝罪文を中國版ツイッターの新浪微博(シンランウェイボー)に投稿し、作品をすぐに撤去すると約束した。そして「批判を受けてから、われわれはこの美術作品の內容とアーティストの解説について再吟味した。(そして)この作品が女性を蔑視しており、撮影方法にも問題があるということが判明した」と述べた。

18日,OCAT上海館在新浪微博發佈了道歉文,並宣佈撤下相關作品。道歉文中寫道“在收到大家的批評意見後,我們立即重新審視了該件作品的內容和藝術家的作品闡釋,發現作品立意和英文標題涉及對於女性朋友的不尊重和冒犯,作品的拍攝方式也存在涉嫌侵權等問題。”

また同館は「多様性を支持する美術館として、われわれはこれを戒めと受け止め、サービス改善に努めるとともに、あらゆる人を共感を持って扱っていく」とも述べた。

此外還説:“作為一個支持多元藝術理念的美術館,我們將以此為戒,不斷完善自我,以同理心去感受和對待每一個人。”

宋の作品が批判を浴びたのはこれが初めてではない。2013年9月に武漢でファッションショー形式で行われたライブイベントは、44人の女性ボランティアが、宋が美しいと思う順番に舞台を歩くという趣向だった。つまり彼から見て最も魅力に欠ける女性が最後に登場することになる。

宋拓的作品不是第一次遭到批判。早在2013年9月,他就在武漢某時尚走秀活動中,讓44名女性志願者按照自己的審美從美到醜依次亮相。也就是説,他認為最缺乏魅力的女性將最後登場。

アーティスト側の理屈

藝術家本人的理由

宋は2019年にオンラインメディア「バイス」の取材に対し、複數のアシスタントとともに女性たちを分類したと語っている。その際には、「醜い」に分類した女性たちをさらに「許せる範囲だが醜い」とか「許しがたいくらい醜い」というカテゴリーに分けたという。

宋拓曾在2019年接受過線上媒體“vice”的採訪,採訪中提及他以不同標準將女性進行分類。當時,他在“醜”的分類下將女性再次細分為“可以原諒的醜”、“不可原諒的醜”等等。

そして宋は、取材した女性記者の見た目について「5000人中277位」だと評した。

此外,宋拓評價當時採訪他的女性記者是“5000人中排第277名”。

宋はこうも語った。「恐ろしい話だ。みんな普通の人間なんだが、ただ、見る人を不快にするくらい醜いのもいる」

宋拓曾説:“這是件很可怕的事情,大家都是普通人,但就是有人醜到讓人看了心情就不好”。

彼はバイスに対しこうも述べていた。「私は誠実なやり方でみんなをモノ扱いしている。一種の敬意と言っていい。いきなりでたらめにランク付けしたりはしない。それは敬意に欠けるし、言葉巧みに相手をもてあそぶことになる」

他在“vice”的採訪中這樣説道:“我掏心掏肺地物化你,這也是一種尊重。我不會隨便説你排第一,那才是對你的不尊重,那叫巧言令色”。

本翻譯為滬江日語原創,嚴禁轉載。

相關閲讀推薦:

東京地鐵線做旗袍?這位日推網友的神設計絕了!

整容、照騙盛行:人們為什麼要如此糾結顏值?