先月、本誌は岡田健史(22)が所屬事務所のスウィートパワーに契約解除を求めて裁判所に仮処分を申し立てていると報じたばかり。その際、5月中には仮処分の結論が出ることも報じたが、裁判が“泥沼化”しているというのだ。

上月,本雜誌(《女性自身》)報道了一篇關於岡田健史向法院申請解除與甘力事務所所屬合同的臨時處理結果。當時報道,5月中旬法院已經給出臨時處理結果,但審判過程依舊出於“膠着狀態”。

岡田を古くから知る芸能関係者は言う。

認識岡田多年的演藝界相關人員稱:

「岡田さんは1~2年ほど前から事務所の仕事選びに不信感を抱くようになりました。昨年にドラマの仕事を急きょ入れられたことも、役作りに時間をかけたい岡田さんとしては納得がいかなかったそうです。また、事務所の社員の入れ替わりが激しく、昨年には岡田さんの擔當マネージャーを含め、何人ものスタッフが退職しています。そのことに違和感を覚えた岡田さんは、次第に社長への疑念を強めていきました。

“岡田從一到兩年前就開始對事務所出演作品的選擇抱有不信任感。去年總是獲得一些十分着急的電視劇作品,這對希望下功夫塑造角色的岡田來説是十分難以接受的。此外,事務所員工流動速度很快,從去年開始,包括負責岡田的經紀人在內,很多工作人員紛紛辭職。岡田對這件事感到很不自在,從而更加深了對社長的懷疑”。

そして今年3月に生活していた事務所の寮を飛び出し、裁判を起こすことに。事務所は5年契約が満了する’23年春までの在籍を求めていますが、岡田さんの一日でも早く辭めたい気持ちは変わらぬまま。主張が真っ向から対立しており、裁判が長期化しています」

“之後,今年3月,岡田從一直生活的公司宿舍搬出,向法院提出申請。對此事務所方面希望可以合作到5年合同到期(即2023年春),而岡田卻依舊希望早日離開事務所。雙方主張劍拔弩張,審判陷入了膠着”。

そして“獨立裁判”が膠着するなか、岡田からは“怒りの新主張”が飛び出したという。

正在“獨立審判”膠着之時,岡田提出“憤怒的新主張”。

「岡田さんは裁判のなかで、契約解除後に、芸名である“岡田健史”ではなく、自身の本名で活動する意向を強く示しているそうです。そして、それについて事務所が関與しないことも求めているといいます」(前出・芸能関係者)

“在審判過程當中,岡田強烈希望合同解除後不再使用藝名‘岡田健史’,而是使用自己的本名進行活動,也希望事務所不要過多參與此事”。(上文演藝界相關人員)

事務所退所後に、ブルゾンちえみから本名での活動に移行した藤原史織(30)のようなケースはあるものの、獨立裁判で本名での活動を主張する例はあまり聞いたことがない。

也有像blouson知惠美一樣退社後用本名藤原史織(30歲)繼續活動的先例,但目前還沒有在獨立審判中主張以本名活動的先例。

それほどまでに岡田が芸名から離れたい理由は、どうやらその“由來”にあるようだ。

岡田為何如此急於丟棄這一藝名呢?理由似乎與它的“由來”有關。

「堀北真希さん(32)や桐谷美玲さん(31)らを発掘したスウィートパワーは業界屈指のスカウト力で知られる事務所。そして、中學1年のときから5年かけて口説き落としたのが岡田さんなんです。

“甘力事務所是一家業內知名的星探公司,曾挖掘了堀北真希(32歲)和桐谷美玲(31歲)等知名演員。而岡田則是事務所從他初中一年級開始説服了5年之後才成功簽下的藝人”。


そんな彼に自分の名字をつけるほど強い期待を寄せていたのが、事務所の岡田社長でした。

“事務所的岡田社長對他抱有極大的期待,甚至把自己的名字給了他”。

しかし、昨年から岡田さんが事務所へ強く不満を持つようになるなか、今年3月に『週刊文春』で岡田社長の所屬タレントへのセクハラや社員へのモラハラが報じられたことが決定打になったようです。岡田さんは事務所を退所し、社長からもらった芸名から本名に改名することが、いちから出直す“証し”になると考えているのでしょう」(前出・芸能関係者)

“然而,去年開始岡田就對事務所抱有強烈的不滿,再加上今年3月《週刊文春》爆出岡田社長對旗下藝人的性騷擾和對員工的精神虐待,更堅決了岡田離開的心。無論是退社還是將藝名改回本名,都是岡田想要從頭開始的‘決心’。”

岡田の“改名錶明”について事務所に確認すると、次の回答が。

針對岡田的“改名聲明”,雜誌對事務所進行確認時得到如下的回答:

「岡田が芸名ではなく、本名で活動していく意思を示していることは事実です」

“岡田的確表示了不用藝名改用本名繼續活動的意願”。

しかし、芸能界の訴訟事案に詳しい唐澤貴洋弁護士は、本名に戻すこと自體は問題ないとするものの、その“リスク”を指摘する。

然而,精通演藝圈訴訟案件的唐澤貴洋律師則稱,改回本名本身沒有問題,但有“風險”。

「イメージというのは芸能人にとって重要です。トラブルによってスポンサーからも敬遠される傾向があり、名前を変えてもテレビに出続けるのは難しくなる可能性があります」

“對藝人來説,給人留下的印象很重要。改名引起的麻煩可能會讓贊助合作商敬而遠之,而改名後也可能很難繼續出現在熒幕上”。

契約解除に関しても岡田の望む結果になる見込みは薄いという。

此外他也認為,在解除合同上,岡田得到自己期望結果的可能性很小。

「一方的な契約解除はちゃんとした理由がなければできません。嫌気がさしたとか、金銭的な不満があるというだけでは解除は難しいのが実情です。新しい事務所が金銭的に補填するようなことがあれば、契約期間が短くなるかもしれませんが……」

“單方面毀約需要合理的理由。單憑不滿、薪酬等原因來解除合同是很難的。如果新的事務所會提高薪酬的話還有可能縮短合同期間......”。

岡田はかつてインタビューで自身の“引き際”について、こう語っている。

岡田曾在採訪中提及自己的“引退”。

《演じることが好きになって今の俳優活動が始まっているので、極端な話、芝居に情熱を注げなくなったら、この業界から潔くサヨナラすればいい。だから、いつでも普通の生活に戻れるように、生きているつもりです》(『日経エンタテインメント!』’19年9月號)

“我是因為喜歡才進入演藝圈的,説得極端一點,當我對演戲沒有熱情的時候,我就會揮袖告別這個行業。所以我希望過着隨時可以恢復成普通人的生活”(《日經娛樂》2019年9月號)

前出の芸能関係者は言う。

上文的演藝圈相關人員還説:

「伊藤健太郎さん(23)の代役として出演する映畫も、憧れの演技派俳優と共演できることもあって、岡田さんは全力で撮影に取り組んでいます。今後も彼が、今までどおり俳優活動を続けられることを願うばかりです」

“岡田代替伊藤健太郎(23歲)出演電影時,因為有機會和憧憬已久的演技派演員合作,所以他拼盡全力努力拍攝。我現在只希望他今後能夠一如既往地從事演員活動”,

裁判を経て岡田が本名に改名し、“普通の俳優生活”を取り戻すことができる日はくるのか——。

岡田能否通過這次審判改回本名,重新過上“普通的演員生活”呢——。

本內容為滬江日語原創翻譯,嚴禁轉載。

相關閲讀推薦:

深田恭子確診“適應障礙”宣佈暫停活動

日網評選:被星探挖掘的十大公認美女藝人